困難な壁(1)・・・

こんにちは!

森 直也です!!

 

困難な壁

 

う〜ん

 

生きてれば誰にでもありますね。

 

今日は奇跡体験アンビリバボーで紹介されていた

ある男性。

 

その事実を知っていくうちに

とても感動し、

 

自分の壁なんてまだまだ低い、きっと越えて行けると勇気づけられました。

 

 

この放送を観た誰もが思ったと思います。

 

 

その男性の名前は

 

アメリカ・ジョージア州に暮らす、カイル・メイナードさん 31歳。

 

これは自宅での普段の様子。

 今から31年前、カイルさんは先天性四肢欠損という障害を持って生まれ、 生まれながらにして両手両足がなかったのです。

 

4歳になる頃には、立ち上がって遊ぶ他の子供たちとの違いが明らかとなっていき、

さらに 何をするにも誰かの手助けが必要だった。

 

周囲の目も気になり内気になってしまった時に

カイルさんのお婆ちゃんが

『一番大事なことは人と交流すること。人を嫌いにならないで

好きになってちょうだい。』

と教えてくれたそう。

 

その言葉をきっかけに

いろいろな挑戦をしていくことになります。

 

まずは

 

ラグビー。

 

そして

レスリング。

 

 

極めつけは

 

総合格闘技。

 

ちょっとを越えて驚きしかないです

 

ここまでやってしまうのかと。

 

そんなある日

カイルさんにある人が訪ねてくるのです。

 

つづく

Follow me!

困難な壁(1)・・・” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です